やっぱり天然のヒアルロン酸がいい!

美容成分として有名なヒアルロン酸は、人が作り出したヒアルロン酸と天然のヒアルロン酸に分けることができます。

それに加えて、天然のものは原料にどんなものが使われているかや、どの程度含有されているかで分けることができます。

日本の健康食品に使用される天然由来のヒアルロン酸のほぼ全てが、鶏のトサカから取れる鶏冠抽出物が原料となっています。

鶏冠抽出物については、およそ50パーセントがコラーゲンでできているタンパク質と結合してできた「ムコ多糖タンパク」なのです。

人によって作られたヒアルロン酸は、日本で作られたのか外国で作られたのか、それから純度、分子のサイズ、製造方法などでいくつかの種類に分類できます。

鶏冠抽出物の天然ヒアルロン酸の含有率とは、平均値が5~7%くらいであるとのことです。

天然タイプのヒアルロン酸を豊富に含む食材としては、鶏の手羽や魚類の目玉、フカヒレなどが広く認知されています。

いずれも日常の食事ではほとんど食べない食品と言えます。

さらに、天然ヒアルロン酸は熱に弱く40℃程度で破壊されてしまうため、食生活に取り入れるのは大変です。

人工ヒアルロン酸は、乳酸菌や微生物の力を用いて溶血性連鎖球菌(ストレプトコッカス)の作用によるバイオ製法で製造されます。

ヒアルロン酸は分子が大きいという特徴があるため、手を加えなければ肌からの浸透や吸収は難しいでしょう。

よってヒアルロン酸の効果がある化粧品にするためには、分子を極小にしなければいけないのです。ところで美容整形のケースでは、身体に吸収しにくいという特色を上手に活用して、注入することでヒアルロン酸の効果を得ています。

ヒアルロン酸を効率良く摂取するためにサプリメントや健康食品を使うなら、含有量と製法のみではなく安全性が確立していることも確かめてください。

基礎化粧品で成分を摂取するときは、必ずヒアルロン酸の分子の大きさと配合量を比較検討し、肌の奥まで浸みこんでいくものを購入しましょう。

ページのトップへ戻る