低分子ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は1つ1つの分子が大きいという特徴があるため、何らかの処理をしないと肌から細部にまで浸透させるのは難しいでしょう。

それゆえ長期にわたって、化粧品を用いたヒアルロン酸の補給には大した効果が困難だとされてきました。ですが長年の研究の成果が実って、小さい分子サイズの「低分子ヒアルロン酸」が生み出されました。

ヒアルロン酸を用いた化粧品を選ぶときには、成分表をしっかりと見た上で、分子の大きさと配合されている割合をきちんと見ておくようにしましょう。

商品のパッケージだけに限らず、それぞれの化粧品メーカーのホームページを閲覧すると、詳細な情報を把握することができます。

店頭でのサンプルチェックが可能であれば、ヒアルロン酸特有の粘りに着目して確かめるのがポイントです。ヒアルロン酸とは違った混合物を使用してゼリー状にしてある商品もあるので、気をつけるようにしてください。

ヒアルロン酸がたっぷり含まれる化粧品もあり、ヒアルロン酸だけでできている原液も商品化しています。

化粧品に配合される低分子ヒアルロン酸の分子サイズは、6000~8000ダルトン(20~25ナノ)という数字+単位であらわされます。

1ナノメートルは1000000分の1ミリメートルであり、分子の単位を表すのがダルトンです。
それから、表皮のヒアルロン酸に関しては約半数が1日で無くなり、3日以内で全部が入れ替わると言われているのです。

そのことからも、化粧品を用いてのヒアルロン酸補給は単発的に取り組むよりも、地道に毎日継続させることをおすすめします。

さらに、ヒアルロン酸が表皮に残るようにして水分を蓄積させるには、コラーゲンとビタミンCが必要不可欠です。

コラーゲンとビタミンCの2つの成分もヒアルロン酸の配合率が高い化粧品であれば、両方にとって良い状態になるはずです。

ページのトップへ戻る