コラーゲンとヒアルロン酸の違い

美容成分として知られるコラーゲンとヒアルロン酸は、肌の老化を防ぎ美しくする成分として取り上げられる時はいつも一緒です。

そのことで、名前が違うだけで同じ物質であると間違えて覚えられているようです。

ここでは、コラーゲンとヒアルロン酸という物質に関して、いま一度思い出してみてください。
ヒアルロン酸と呼ばれる物質はアミノ酸で有名なムコ多糖の中の一つです。

コラーゲンとは毛髪や皮膚、骨や腱(けん)などを成り立たせるタンパク質の一種です。

ヒアルロン酸を含むムコ多糖類についてはそれだけでは身体の内側に存在することができず、タンパク質の一つであるコラーゲンは保水力がありません。

ゆえに、タンパク質とムコ多糖はお互いに結び付いて細胞と細胞の間を居場所としています。
注目すべきヒアルロン酸の特性は、高い保水効果が期待できることです。

人間の身体はおよそ6~7割が水分ですが、血液ではない成分の大部分はヒアルロン酸などのムコ多糖に依存されています。

それとは別に、コラーゲンについては皮膚に関連付けて把握するといいでしょう。

肌の表面からすぐ下にある真皮は、水分を除外した分の約70%はコラーゲンを含んでいます。
弾力性の高い繊維のようなコラーゲンは細胞同士を結合させる働きをします。

まらさらに、ヒアルロン酸はコラーゲンの繊維質の間を満たして、水分が減らないようにしています。普段の食生活ではヒアルロン酸は摂りづらいのですが、コラーゲンは鶏肉の中でも手羽先、牛のスジ肉、そしてシラスなどが含有量が多いとされています。

さらには、ツバメの巣やフカヒレなどの高価な食品もコラーゲンを大量に含んでいるのは有名な話です。

加齢の影響で少なくなるコラーゲンとヒアルロン酸を補充していくことは、老化予防に必要不可欠だと思われます。

ページのトップへ戻る