ヒアルロン酸は美容効果抜群!

美しさを保ちたいと考えている人の間ではアンチエイジング効果が高いことで知られている、ヒアルロン酸について再認識しましょう。

ヒアルロン酸は、アメリカのコロンビア大学で実施された1934年の研究で見つけ出されました。
多糖体についての国際命名法によって1986年に確定した名称は「ヒアルロナン(Hyaluronan)」となっています。

ヒアルロン酸は、細胞と細胞、それと繊維組織と細胞との間を満たして水分を蓄えています。
ヒアルロン酸が持つ保水能力はとても高く、ヒアルロン酸1について6000もの水分量を保持することができるとされています。

水分をキープするヒアルロン酸は、細胞の間に入り込んでダメージを防ぐ役目をします。
ヒアルロン酸という成分は、私達の細胞の中にはじめからある、アミノ酸の一種です。

関節においては潤滑油として曲げ伸ばしに支障が生じないようにする重要な働きを担っています。さらに、血液によって運搬される栄養素をあちこちの細胞へと届ける役割も果たします。

紹介したように、身体にとってなくてはならないヒアルロン酸ですが、体内での存在量は年齢とともに減少します。

最もたくさんの量が体内にあるのはお母さんのお腹にいるときです。

生まれてからは徐々に減少して、20歳頃には赤ちゃんのときの約3割に、50歳になるとおよそ10%程度しか残留しません。

量が少なくなるヒアルロン酸は補給できるとよいのですが、それはとても大変なことなのです。
ヒアルロン酸は分子量が多いとされているため、皮膚の上から吸収させるのは不可能とも言えます。

しかも、普通の食材には含まれていないので、身体の中での吸収も不可能に近いでしょう。

それらの対策として、体内で作りだす量を増やすための研究や、精製によって低分子化を実現する方法の開発などが行われ続けています。

ページのトップへ戻る